人気の Google Playカード を最高値で換金する【お金作りのコツ】2選 | おすすめの買取サイトと売買サイトの解説

グーグルプレイカードをナットク価格でお金にする

多くの方から利用されているGooglePlayカードをGoogle Playストアで販売されているゲームや漫画などのデジタルコンテンツが買えます。

大勢の方が利用中のグーグルプレイギフトカードですがもらってもいらなかったり間違えて購入した、突然入り用になったケースなども考えられます。

いらないなおもった時にはお金に換金しておくことをおすすめします。

本記事では、GooglePlayギフトカードの現金化のやり方について、最もお得な換金のやり方について解説します。

GooglePlayギフトカードの現金化の手段は大きく分けて2種類

人気のGooglePlayカードの現金化のやり方は何種類かありますがより多くの買取額を獲得できる方法を考えると電子ギフト券買取サイトとオークションサイトの利用の2択となります。

買取サイトとはどのようなところか?

その名の通り、GooglePlayカードを買取るサイトです。

買取サイトは古物商の免許があるサイトが多く、それぞれの会社ごとの買取率で現金化ができます。

年中無休24時間営業や即日入金も魅力で急いでいる方やどんなことをしてでもお金が欲しい場合の手段として最適です。

この画期的な買取サイトを使用した際の手元にお金が来るまでの流れ

申込は簡単で大きく分けて3ステップで終わり、現金が手にはいります。

換金の申し込み

見ている買取サイトから手続きのお願いをする

GooglePlayコードを送る

グーグルプレイギフトコード(16文字のデジタルコード)買取サイトにメールで教える

入金確認

コード番号を知らせた後遅くても1時間以内には約束した銀行口座へお金が入金されるので確認して終了。

買取サイトの注意点

買取さいとでの買取という現金化の手段はとても便利なサービスですが、中には悪徳サイトと呼ばれる悪質な業者も存在しているので注意が必要です。

悪徳サイトを利用した場合の被害ケースは、約束した金額よりも少ない金額が振込まれた「お金が1円も振り込まれなかった」です。

このような悪徳サイトを使わないためにもたくさんのサイトでおすすめのサイトを使うなど必ず納得のできるサイトを利用しましょう

売買サイトとは?

売買サイトは、メルカリやラクマ等フリーマーケットサイトの様に、個人間売買を手助けするサイトです。

価格の設定などは自分で決めルことが可能ですが誰も買わないような金額だと現金化はできません。

急いでいない時や、買取サイトで取り扱っていないギフト券をお金にしたいと考えている方に向いています。

個人間売買サイトを使った換金までの流れ

申込は簡単ですがおおまかには3つの段階があります。

出品の準備(登録)をする

売買サイトを使用するにはアカウントを作る必要があるので、初めはユーザーアカウントが必需です。

全ての入力が終わり

手続きが終了したら売買サイトの出品ページでお持ちのGooglePlayコードを出品できるようになります。

入金確認

出品したギフト券が希望の金額で買いたい人が現れたら成約確定が約60分で反映します。

決済されたと同時に、すぐに自分の銀行口座に手続き不要で入金してくるサイトもあれば、1回づつ出金申請をしなければならないサイトもあります。

人気の売買サイトのデメリット

人気の売買サイトの個人同士の取引が主になるため、ギフト券の落札金額が大きい場合の取引には避けた方がいいかもしれません。

また、相場より高い金額の場合全く落札されないこともあります。

あなたの好みの現金化方法を

現在の状況も踏まえ便利で高換金率が実現できる現在、主流の2つの現金化の方法をご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

換金スピードや振込時間ギフト券の種類や換金手段によりそれぞれに合った方法を見つけてください。

高い換金率を実現するためにあなたのやりやすい換金の仕方を探してください。

今回、ご説明したやり方があなたの考えに近いものなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です